【銀座・勝どき】ニコンプラザ、数寄屋橋れんずコーナーなど、有名店の閉店にショック!

ツイッターにも書いたんだけど、最近、生活圏内の中で個人的にショックな閉店が続いている。

まずは銀座の「ニコンプラザ銀座」。僕はニコンユーザーなので、修理したカメラを持ち込むのはここだったんだけど、10月いっぱいで閉まって新宿のニコンプラザに統合されることになったらしい。液晶にヒビが入った今のカメラを修理に出すタイミングを見計らっていたところだったんだけど、新宿まで行かなければならないのはなかなか難儀。銀座を残して新宿が無くなるケースはよくありそうだけど、まさか銀座が閉まるとは…、やっぱりGINZA SIXの裏手という好立地は賃料の高騰なんかもあったのだろうか。

次に同じく銀座の「数寄屋橋れんずコーナー」。ここは数寄屋橋の一角のとても目を引く場所なので、カメラに興味がない人でも見覚えがある人は多いはず。調べてみたら8月に閉店していたんだね。以前使っていたDXフォーマットのカメラの標準ズームが壊れて、最後に使っていたレンズを買ったのがここだった。6畳もないような狭い店だったけど、NIKONのロゴが目立つ店構えは銀座の風景の一部だったので、心に隙間風が吹いたかのようで寂しい。

そして勝どき橋近くの「TSUTAYA 勝どき店」。ウイイレの最新作が安くなっているか確認しに寄ったら、これまでよりゲームの品揃えが極端に少なくなっていた。まさか…と思って店頭の張り紙を見たら12月20日で閉店とのこと。映画もドラマも過去作品の視聴はデジタル配信が主流になりつつあり、レンタルDVDという業態自体が厳しい荒波の中にあるのかもしれない。でも、勝どきはそこそこの人口がありながら他に競合するような店がないので閉店はやや驚きを感じた。

さらには歌舞伎座の向かいにある、群馬県のアンテナショップ・ぐんまちゃん家の移転跡地に去年できたばかりの「俺のベーカリー」も一時休業とのこと。

一時休業といっても再開時期は未定とのことなので、事実上の閉店なのかもしれない。松屋銀座の裏手にも店舗がある中でここに出店したのは、おそらく歌舞伎座の観光客を見込んでのことだったんだろうけど、歌舞伎座観光の人の流れは東銀座駅かそのまま銀座方面に向かってしまうからなぁ…。ぐんまちゃん家の移転も賃貸料が高すぎたから…という話もあるし、その上でこのコロナ禍で歌舞伎座が休業したのは、やはりだいぶ打撃が大きかったのだろうか。何より無事に再開してくれるのが望ましい。

カメラにしてもレンタルビデオにしても産業的に厳しい業界だと思うので、このコロナ禍が直接影響しているのかはわからない。ただ、閉店自体も痛いけれど、この状況だと開いた場所に新しい店舗がなかなか入らないのがさらに厳しいところ。コロナ禍の影響はまだまだいろんなところに響きそうなので、今年はやはりいつもよりも寒さが厳しい冬になりそうだ。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA