築地大橋のライトアップを撮影したら“光のカーテン”が撮れてしまった件

勝どきが誇る自慢の夜景

近所の勝どき5丁目緑地に防潮堤ができ、最近使用が開始されたので撮影に行ってきた。

勝どき5丁目緑地は隅田川沿いにあり、対岸に浜離宮恩賜庭園や汐留のビル群、東京タワーなどを見晴らせるスポットだ。



遊具があるので日中は小さな子供を持つ親子の姿が多いけれど、夜になると一転して静か。

以前は欄干があるだけで、台風が来て水位が上がると水が流れ込むこともあったので、こうした防潮堤ができた安心感は大きい。

防潮堤へは階段かスロープで上がれるようになっている。

上はこういう感じの歩道になっている。2、3人が並んで歩ける道幅で、長くきれいな直線なので100m走の練習とかできそう。まぁ、それは冗談だとしても、歩道をランニングをする人は見かけた。

以前も対岸を見晴らすことができたが、こうして少し高い位置に立つと景色の印象が少し変わって見える。何より公園部分と一線隔てた形になったので、近くに他の人がいても、より静かに景色を楽しめるようになった。

【最新ブログ-SUZUKISHO.com】


さて、気になるのはどんな景色が見えるかだが、昼間の景色はこんな感じ。
対岸の手前に見える森が浜離宮。明るいうちは手前のビルが高く見えるので、東京タワーの存在感はやや薄いか。隅田川には水上バスが定期的に往来していて景色に変化が生まれる。

こちらが夕暮れ。

そして夜になると、こんな感じ。

水面に映り込む東京タワーやビル群の光がきれい。

三脚を使って撮ろうとすると欄干が邪魔して高さが足りないので、欄干やその下のブロック塀を活用して撮るといい。



ちなみに、こちら側の景色もいいんだけど、右手にある築地大橋の景色はここからならではのアングル。

まるで青のカーテン。

橋のライトアップが水面に映り込んで空のような青さ。どちらかというと、僕はこちらの景色の方が好き。

普段から騒がしいエリアではないので、東京らしい夜景を独占したいならおすすめのスポット。ちなみに急な尿意に襲われた時も、公衆トイレがあるので安心です(笑)。

密になることはまずないので、静かな夜景スポットを探している方はぜひ選択肢に入れてみては。

【about me…】

鈴木 翔

静岡県生まれ。東京都中央区在住。出版社や編プロに務めた後に独立。旅好きでこれまでに取材含めて40カ国以上に渡航歴あり。国際問題からサブカルまで幅広く守備範囲にしています。現在は雑誌、実用書などの紙媒体での編集・執筆だけでなく、WEBライターとしても様々な媒体に関わっています。ジャンルは、旅、交通、おでかけ、エンタメ、芸術、ビジネス、経済などノンジャンルでありオールジャンル。これまでの経験から「わかりにくいものでもわかりやすく」伝えることがモットーです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA