ついに“アレ”が撮れてしまいました。


ずっと家にいるのも体に悪いと思い、夕方前にカメラを持ってちょっと外に出た。

最近お気に入りになっている竹芝に行って、良さげな撮影ポイントがないかと周辺を見回していると、ひとつ気になるビルが…。

息を切らしながら高いところまで登ってみると、間のビルが視界を遮っているものの竹芝の客船ターミナルや浜崎橋ジャンクションなんかが見渡せる。



そして、ふと左手を見た時に私は気付いてしまったのだ。

こ、このアングルは…。

そして撮れた、ある一枚の写真。

ふっふっふ。ふっふっふ。本当は見せたくないのだが、ここだけで特別にお見せしよう。

その写真がこれだ。



どうだ、すごいだろう!

…え、あんだって?
何がすごいかわかんねぇってか?(←志村けん様オマージュ)

いや、きっと分かる人には分かるはずだ。
もういちど、両指で細かいところまでグイーンと拡大しながらじっくり見てみよう。

…い、いや、それでも分からないと。

え? ビルとビルの間の主題がよく分かんない写真なんて載せんな…って、非道い(涙)。

なるほど、それでは答えを明かすとしよう。
赤丸で囲んでいる部分に注目してほしい。



さらに分かりやすいように、それぞれ拡大してみよう。





お分かりいただけただろうか。そう、ここは陸のモノレール、海の船舶、そして空の旅客機が一枚に納まってしまうという、乗りもの好きにはたまらないスポットだったのだ。

え? こんな豆っこいヒコーキ、わかるわけないだろって?
まぁ、そうケチをつけなさんな。陸海空が3つ揃って撮れるスポットもなかなかないでしょうに。

ちなみに、ちゃんと浜崎橋ジャンクションの夕景も綺麗に撮れましたよ。
ここまで引っ張ったお詫びの一枚!



思えば、ここまで多く東京の景色を撮った年も初めてかもしれない。

身近なところに主題を見つけるって意外と難しいのだけど、こういった状況の中で改めて東京にレンズを向けてみると、自分の近所にも良い景色がたくさんあるんだと再認識させられた一年だった。

やっぱり写真は楽しいね。

それでは。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA