【エスニックヌードルシリーズ①】オットギの「ジンラーメン(スパイシー)」を作ってみた

以前の「ハナマサの黒カレー作ってみた」に続く動画編集の練習パート2。

そういえば、この前、アジア系のエスニックヌードルを大量に買ってきたので、その中からオットギの「ジンラーメン(スパイシー)」を作って動画にしてみた。



韓流ドラマなんかを見ていると、時折り食事シーンに出てきて、同じものを食べたくなってしまう韓国のインスタントラーメン。韓国の辛いラーメンといえば、日本では農心の辛ラーメンがよく売られているが、本国ではこのジンラーメンもかなりのシェアを誇っているそう。

ちなみに、僕が購入したのはここ。新大久保にあるアジアスーパーストア

ガパオのシーズニングソースを探しに行ったつもりが、いろんな国のインスタント麺が揃っていたので、ついつい10個くらい買い溜めしてしまった…。

なお、今回のジンラーメンはAmazonでも購入できる模様。ただ、アジアスーパーストアなら1食115円なのでだいぶ割安だ。

【最新ブログ-SUZUKISHO.com】


そういうわけで、さっそくキッチンに立ってみた。

沸騰したお湯の中に麺と薬味を入れて待つこと約4分。真っ赤な粉スープを入れて、あっという間に完成。唐辛子のピリッとした刺激で汗が噴き出る辛さ。ついでに締めに卵入り雑炊を作り、最後の一滴まで堪能した。

同じ系統の商品なので、どうしても辛ラーメンとの比較になってしまうが、記憶の中にある辛ラーメンとの一番の違いを挙げるとすれば麺の食感だろうか。こっちのジンラーメンの方がモチモチしているような気がする。僕はこちらの方が好きかな。

ちなみに「スパイシー」ってことはマイルドなフレーバーもあるんだろうか。

ほかにもいろんな国のインスタント麺を買ってきたので、こんな感じで動画と簡単なテキストで連載化していきたい。

それでは。

【about me…】

鈴木 翔

静岡県生まれ。東京都中央区在住。出版社や編プロに務めた後に独立。旅好きでこれまでに取材含めて40カ国以上に渡航歴あり。国際問題からサブカルまで幅広く守備範囲にしています。現在は雑誌、実用書などの紙媒体での編集・執筆だけでなく、WEBライターとしても様々な媒体に関わっています。ジャンルは、旅、交通、おでかけ、エンタメ、芸術、ビジネス、経済などノンジャンルでありオールジャンル。これまでの経験から「わかりにくいものでもわかりやすく」伝えることがモットーです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA