いま改めて考えたい「校閲者」という存在の価値

職業柄、街の中にあふれている情報の中に誤字・脱字があるとすぐに気付いてしまう。 飲食店の看板、スーパーのPOP、電車の中...