編集者/ライター 鈴木 翔の Blog

フリーランスをやっていて意外と大変なこと

夏が来て、樹木も葉を青々と茂らせる季節、僕の髪もぴよーんと伸びてきた。 今月もそろそろ散髪の時期が来ている。 誰も興味がないであろう僕の髪型遍歴。子供の頃は丸刈...

若手時代の出張帰りに経験したブラック企業的な体験

今日はTwitterに書いたことを繋ぐだけでブログがひとつ書けそうだ。 元東京都知事の舛添要一さんが過労で入院した小池百合子東京都知事に対して「政治家失格」なん...

中2になった姪っ子に伝えたいこと

僕には姪っ子が3人いる。兄の子が2人、姉の子が1人。どの子も「おじさん似だね」なんて一度も言われたことがないであろうかわいい子。一番上の子は姉の子で、今年で中学...

「編集者」の役割に対する、或る私感

紙媒体の古典的な業界からウェブ媒体の新規参入も多い業界に移ってくると、いろいろと違和感を感じることが多い。無論、郷に入っては郷に従うべきなので、大体は自分がアジ...

なにぃ?東京五輪チケットのリセールと追加販売が無いだとぉ!?

コロナ禍の影響を受けた一年の延期を経て、ついに7月23日から開催を迎える東京オリンピック・パラリンピック。いろんなところで反対ムードも高まる中でなかなかエンジン...

いま改めて考えたい「校閲者」という存在の価値

職業柄、街の中にあふれている情報の中に誤字・脱字があるとすぐに気付いてしまう。 飲食店の看板、スーパーのPOP、電車の中吊り、街頭でもらうチラシなど、一目見て何...

財布を拾って謝礼をもらおうとすると結構面倒くさい

当たり前のことだけど、生きていれば「他人と関わるって難しいなぁ」って思うことはよくある。コミュニケーションは発する側と受け取る側の双方向で行われるものだから、必...

梨泰院クラス「俺の価値をお前が決めるな」という名言

家にいることが長くなったので、とうとう滅多に見たことがない韓流ドラマを見た。韓流ドラマというと韓流四天王時代の「冬のソナタ」「天国の階段」あたりで止まっていて、...

携帯番号090は“おっさん認定”? 世間になかなか認められない男性のエイジングについて

ネットニュースをザッピングしていたらFNNプライムオンラインの記事で「携帯番号「090」はおっさん!? 新たな“おじさん認定”にショックの声」というのを見た。そ...

「好きこそものの上手なれ」ではなく「嫌いなものを上手にしろ」

たまには仕事の話をしよう。 この仕事をやるにあたって、僕はこれといって特定のジャンルを決めていない。まぁ、強いて言うなら「旅」が専門ではあるけれど、「どこか行き...

【エスニックヌードルシリーズ①】オットギの「ジンラーメン(スパイシー)」を作ってみた

以前の「ハナマサの黒カレー作ってみた」に続く動画編集の練習パート2。 そういえば、この前、アジア系のエスニックヌードルを大量に買ってきたので、その中からオットギ...

アニメで話題「スーパーカブ」はもともと女子向けに開発された乗り物だった?

先日の深夜、テレビをつけたら『スーパーカブ』というアニメが流れていた。 スーパーカブとは他でもなく、あの新聞配達や郵便配達でおなじみの50cc原動機付自転車のこ...

フィッシュフィッシュチャパティチャパティ in インド

無印良品で新たに「ナン」を発売するらしい。ナンっていうのは、ほかでもなく、あのインドカレーに欠かせないパンのことだ。 インドへは大学2年の時にゼミの研修で訪れた...

オリンピック開催で気になる「かんせん」について

文章を書く仕事をしていると、このコロナ禍にあって「うーん、この単語、いま使ってもいいものか」と躊躇する言葉が増えてきた。 そもそも「コロナ禍」という単語はどうな...

僕が自炊を楽しむ理由はこの4つ

コロナ禍で在宅作業や外出自粛の時間が多くなり、これまでやってこなかった自炊にチャレンジしている人は多いはず。 僕はフリーになってから自宅作業が中心となり、その頃...

コロナ禍の自転車買い替え「人気モデルは1年入荷待ち!?」という衝撃

7年くらい使い続けてきた自転車にそろそろガタが来ている。いや、サドルはボロボロだし、ギヤはもう数段しか変えられないし、ペダルは重たいし…と、とっくに臨界点は越え...

【動画あり】ハナマサの「黒カレー」を作ってみた

ひさびさに肉のハナマサのお話。ブログっぽいネタだ。やっほい。 先日ハナマサで気になる商品を見つけた。それが「お肉屋さんが作った美味しい黒カレー」。 「黒カレー」...

かつて僕がツイッターをやめた理由

しばらくSNSみたいなものとは縁遠くなっていたけれど、おととしからツイッターを再開した。 新しいアカウントを作ってもよかったが、約10年前に作ってあったアカウン...

我が家のIHコンロが故障したので、ちょっと分解してぶっ壊してみた。

子供の頃、家が商売をしていて、毎日夜遅くまで両親がいない生活だった。祖父母が一緒に暮らしていたものの、二人が早くに寝てしまうと子供たちだけで親が帰ってくるのを待...

銀座三越「銀座シャンデリアスカイ」から銀座の街を展望する

3度目の緊急事態宣言による営業自粛要請を受け、書き入れ時のゴールデンウィークに休業を余儀なくされている百貨店。今日は厳しい時期をがんばる百貨店を応援するべく、こ...

それを僕は「ど根性〇〇」と呼ぶ

連休前の駆け込みで忙しく、気づいたら10日近くもブログを更新していなかった。 まぁ、誰を待たせるわけでもないので、自分のペースで気軽な気持ちで、続けていきたいと...

「鶏醤」で卵かけご飯をしてみたら「これって、もうひとつの親子丼じゃない?」って思った

今日は「けいしょう」の話をしたい。とはいっても、誰かに何かを継承したいとか、みんなに警鐘を鳴らしたいとか、そういう難しい話ではない。 先日出逢った「鶏醤」という...

「佐藤可士和展」を見てきた感想

やや会期終了ギリギリになってしまったが、六本木の国立新美術館で行われている「佐藤可士和展」に行ってきた。 この展覧会はほぼすべて撮影OKということだったので、展...

「自分、田舎者なんで…」という謎の謙遜を聞いて抱いた違和感について

今日は昨夜から徹夜で原稿を書いたその足で次の取材に関係する横浜の某所を見学。その足で六本木に移動し、趣味半分、仕事半分の目的で某展覧会を見るという、なかなかハー...

きっと自炊派の多くが「この差って何ですか?」って思っていたアレ

ちょっと前に「この差って何ですか?」ってバラエティ番組があった。 その番組は一度も見ることなく終わってしまったけど、普段の生活の中で「この差って何ですか?」って...

他人の秘密は背負いたくない。

少し前のこと、信頼を置いていた友人に“ある内緒の話”をしたら、後から人づてにその話が漏れていることを知った。確かに「秘密だよ」と言った覚えはないけれど、僕の知ら...

昔の先輩からの電話で「プライド高いやつは会社辞めても厄介」と感じた話

昔、中途入社で入った某雑誌の編集部時代。同じチームに「Kさん」という人がいた。2歳年下だけど入社したのはKさんの方が半年くらい早い。見るから性格がキツそうな人だったが、普段はそうではないものの、局面局面で我がままな態度が出る人だった。とにかく、歳下でちょっと早く入っただけなのに、先輩のプライドを忖度してあげないと厄介な人であったことは間違いない…

ブラック企業の定番文句「当たり前」という言葉にトラウマを抱いた高校時代の恐怖体験

4月を迎えて入学・入社の時期。まぁ、新卒で就職しなかった僕には4月入社ってピンとこないんだけど。そんな中、ネットニュースの「もし自分が入った会社がブラック企業だ...

東京・銀座の一角で『呪術廻戦』の世界を見つけてしまう…

銀座の街を自転車で走っていた時、いつも入っている場所なんだけど、ふと気になるものがあった。 それがこれなのだ。 銀座4丁目にある「三原小路」の門。 ざわざわざわ...

彼が東京に遊びに来ない理由は「〇〇がわからないから」?

言わずもがなコロナ禍のおかげで東京から外に出ることも滅多になくなったし、反対に友人などが東京に来ることもなくなった。ここまで長引くと、自由に行き来していた頃がも...

銀座中心地に100円ショップができたという小さな衝撃

上京してからこれまで、池袋周辺の練馬、新宿周辺の中野、そして銀座周辺の勝どきで暮らし、仕事では渋谷や六本木近辺などで働いてきた。そんな風にいろんな街を見てきたけ...

物事の印象は「受け止め方」でも変わる。

昨今、生き方や価値観においていろんなところでハレーションが起こっている。毎日のように次々と新しい話題がでてくるので、コロナの閉塞感も相まって、とても息苦しく感じ...

「カラオケの鉄人」のテレワークパスポートが個室&ジュース飲み放題で快適過ぎます♪

今日はネットニュースのコンビニ記事で最近よく見るようなタイトルでにしてみた。笑 在宅作業が毎日続くとさすがに気が滅入るので、気分転換にカフェで作業することが多い...

【恐怖体験】深夜2時にインターホンが鳴り出して…

一人で暮らしていると「自由でいいね」と言われることがよくある。一方で家庭持ちの友人から家族を理由に「俺の方が忙しい」感を出されることなんかもよくあったりする。 ...

小泉大臣の「プラスチックは石油製」発言に対抗したくて月島レバーフライの話

常日頃から暮らしの中に面白いものを探している。 今朝はレジ袋の有料化に続いて、プラスチックスプーンも有料化しようとするなど、何かと精力的に動いている小泉進次郎環...

パラグアイに対する僕のパラグ愛

サッカーの森本選手が昨冬に移籍して渡ったパラグアイで交通事故を起こし、ひき逃げをして逮捕されたらしい。パラグアイは僕にとって思い入れの強い国なので、日本人として...

その注察妄想は誠に遺憾である。

自分が誰かに見られているとか、見張られていると感じる妄想を「注察妄想」と言うらしい。とりわけ僕くらいの年代の男だと、普段の生活でも何かと他人からの注察妄想を感じ...

新宿にある公衆トイレの注意書きが、なかなか“国際仕様”で笑ってしまった

3月に入って徐々に暖かくなってきたので、今日はいつになくホカホカとした話をしたい。 先日、新宿ど真ん中の某ビル内のドーナツショップで作業していたら、突然“アレ”...

山手線30駅の語尾2文字を入れ替えて一番面白いものを考えてみる

外出自粛の生活も1ヶ月が過ぎようとしている今日この頃。 普段の何気ないところに面白いことを見つけるのは得意な方だけど、こうも移動と外出を封じられた生活をしている...

しばらく喪に服していました。

あんまり人に話すような内容ではないけれど、それだけにこんなところじゃないと書けない話を。 実は先週、ごくごく関係の近い親族が亡くなった。 …いや、実際には亡くな...

NetflixやHuluは「〇〇〇に適したコンテンツ」カテゴリーを作ってみては?

巣ごもり生活続きで、NetflixやHuluなどのサブスク配信で映画やテレビ番組を見る機会が増えた。 テレビをつけてもコロナコロナとどこもコロナ一色で飽き飽きし...