2年ぶりの会食!親しい人に会うことが何よりのごちそうである

往きのサービスエリアで見た富士山!

今日は朝から名古屋に向かっている。向こうで親友と会うことになっている。木曜には都内で取材があるから一泊して明日の夕方に帰ってくる予定だ。

思えば家族や友人を含めて親しい人と会うのは、これが丸々2年ぶりになる。気の許せる仲間と対面して話すのは本当に久しぶりのことだから、なぜか少し緊張している。

「何を食べるか」よりも肝心なのは…

LINEで夕食は何にするかという話になった。待つ側にしてみれば何か名古屋名物らしいものを食べさせたいと思うのが当然だろう。ただ、味噌カツの矢場とんや台湾ラーメンの味仙は、おそらく名古屋近郊に住む彼より近い距離に東京支店があるので、それら以外でと伝えた。

すると彼から「ならば、ひつまぶしか味噌煮込みうどんだね」と返ってきた。うーむ、昔から吉牛とかはなまるうどんとかジャンクな食べ物しか食べていない間柄なのに、ひつまぶしなんていうお高級なものをチョイスされても何だかなぁ…という感じがする。たぶん君とひつまぶしを食べても牛丼の味しかしない気がする。

ちなみに、ここでひとつ「551の豚まんが食べたい」とひとボケ挟んでみたが、こちらが期待した「それは大阪や!」というツッコミすらなく、見事にスルーされた。泣



…というよりも、食べるものなんて何でもよくて、これだけ抑圧された生活を経た身からすると、親しい人に会うことが一番の“ごちそう”だ。正直、あいだにあるものは駅そばでもマックのハンバーガーでも何でもいい、なんてね。

午後集合ということで朝から名古屋にいることも急ぐことも必要なく、調べてみたら13時着の高速バスがあった。夜行バスはなかなか体に負担がかかるが、こうしてスマホでブログを書くか、Kindleで本を読みながらゆるゆると行く昼行便なら、コスト的にもベストな選択肢だろう。発車時刻の8時ギリギリにバスへ飛び乗り、Uターンラッシュを逆走して西へ向かっている。途中、車上から眺める地元の景色すら楽しみだ。

さて、15時の集合場所からしてコメダ珈琲を指定されたのだが、これはやはり嬉々としながらシロノワールを食べなきゃいけない流れなんだろうか。夕飯の前に、あのお菓子のお城みたいなやつを入れなきゃならないのだろうか…。怖いよぅ、あれ究極に甘いんだよぅ。

ともあれ、こんなどうでもいい話をきゃっきゃと書いている時点で心が躍っている証だな。今日は僕にとって雪解けの一日になることだろう。

それでは行ってきます。

【最新ブログ-SUZUKISHO.com】

【about me…】

鈴木 翔

静岡県生まれ。東京都中央区在住。出版社や編プロに務めた後に独立。旅好きでこれまでに取材含めて40カ国以上に渡航歴あり。国際問題からサブカルまで幅広く守備範囲にしています。現在は雑誌、実用書などの紙媒体での編集・執筆だけでなく、WEBライターとしても様々な媒体に関わっています。ジャンルは、旅、交通、おでかけ、エンタメ、芸術、ビジネス、経済など様々。これまでの経験から「わかりにくいものでもわかりやすく」伝えることがモットーです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA