我はいなり王なり。

意外と消費期限が短い「油揚げ」

先日の「肉のハナマサで「ハナマサブランド」と「プロ仕様」を1万円分買いまくる!」の中でも出していたように、ハナマサでプロ仕様の徳用油揚げを買ってきた。いわゆる普通サイズの油揚げが10枚入っていて…

150イエン! やっすー!

ちなみに、製造しているのは激安焼きそばでもお馴染みのック食品さん。

でもこれ、プロ仕様ゆえのお困りごとがひとつありまして…、そう、消費期限が短いのでありやす。



そのまま焼いて食べるとか、味噌汁に入れるとか、特に朝食でいろいろ活躍の場はあるんだけど、家族だったらまだしも、買ってから期限まで5日間とかで一人で油揚げ10枚食べ切るのって少々厳しい。

「ちゃんと消費期限を見て買うもの選べ!」

「食べきれなかったら捨てるのか!フードロス反対!!」

「こんなに油揚げ買い込んで、お前はキツネか!」

…なんて、いろんなご批判が飛んできそうですが、ちゃんと使い道を考えてから買っていますよ。

しかも10枚ぜんぶ一気になくなる使い方をね。コンコン(←狐)

いなり王への階段を上る

袋から取り出した油揚げを麺棒で一枚一枚平たく伸ばして、それを半分に切って、醤油、砂糖、みりん、だし汁で20分くらい煮る。

で、煮えたら軽く汁気をとり、冷ました酢飯を詰める。それだけで簡単にできあがり。

果たして僕はこんな気分になったのだ。

我、いなり王なり!!!!!

10枚×2で計20個のいなりずしが完成。使ったお米の量はちょうど1.5合くらい。

こうして山のようにして積み上げると、なかなか壮観な景色だなぁ。

何だか古代の布袋みたいにも見えたので、昔、お土産で買ってきた兵馬俑の置物を並べてみた。

うーむ、何かたらふく年貢をせしめた古代の王様の気分。余は満足なり。

……なんて冗談はさておき、賞味期限来るまでに使い切るとは言ったものの一人で全部食べ切らないと行けないのは変わらない。いなりは冷凍もできないし。

そういうわけで20個もあると、これから3食はいなり漬けです。これもおひとりさま自炊の宿命だな。

【about me…】

鈴木 翔

静岡県生まれ。東京都中央区在住。出版社や編プロに務めた後に独立。旅好きでこれまでに取材含めて40カ国以上に渡航歴あり。国際問題からサブカルまで幅広く守備範囲にしています。現在は雑誌、実用書などの紙媒体での編集・執筆だけでなく、WEBライターとしても様々な媒体に関わっています。ジャンルは、旅、交通、おでかけ、エンタメ、芸術、ビジネス、経済など様々。これまでの経験から「わかりにくいものでもわかりやすく」伝えることがモットーです。

各種お問い合わせはこちらのTwitterまでDMをください

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA